SKANDI FOOD & DESIGN

ここ数年のグルメブームは私の住むスカンジナヴィアでも盛り上がっています。スカンジナヴィアの食文化を北欧デザインと伴に紹介します。

【travel】Palermo 1, Sicily

ご訪問ありがとうございます♪

ノルウェー・オスロの学校は先週一斉に冬休みに入り、
我が家は暖かい気候を求めイタリア・シチリアを訪れました。
今回からしばらく、「北欧からの旅」ということでお付き合い下さいね♪

オフシーズンのため、オスロからシチリアへ
の直行便は残念ながら運行なし。
オスロからローマまで3時間、ローマからパレルモまで
1時間でようやく到着しました♪
雨期でオフシーズンであるにもかかわらず、オスロとの温度差は
20℃以上。
大きなブーツやコートも脱ぎ捨て、なんだか体が軽く、フットワークが
軽い、軽〜い!(笑)

Canolli
まずはシチリアの名菓、Cannoli
リコッタチーズにアイシングシュガーを混ぜ、チューブ型(お菓子の
名前の由来!)に揚げたシェルに詰めてあります。
チョコチップが入ったものや、チェリーやオレンジの皮等の
砂糖漬けが飾ってあるものも。

バックグランドに写っているジェラートは主人の注文したものです。
息子もびっくり!(笑)
どちらも美味!


 Palermo

フェニキア、ギリシャ、ローマン、アラブ、ノルマン、フランス、スペイン。
過去の支配者達が残していった素晴らしい建築や文化がシチリアには
たくさん見られます。
約3日間滞在したパレルモでは、もちろんいくつか見てまわったのですが
私たちはこんな路地の散策が大好き♪

Palermo 3
パレルモの西側の旧市街地では中世の街並の中に人々の生活がありました。

Palermo 2
息子もカメラを持って一緒に散策したんですよ!


 Panorering

Palermo 1
パレルモは小型バイクの多かったこと!
写真学校の課題だった「Panorering」を練習するのに
格好の場所でした!
シャッタースピードを1/25秒に設定して、お目当てのバイクに合わせ、
カメラを一緒に動かしながらシャッターを押すとこんな感じに。
バイクの動きを止め、バックグランドが流れるようになります。
先生に褒められたのですが、本当はVespaの二人乗りをうまく撮りたかった〜〜!
見事なピンぼけでした〜。(笑)

パレルモの美味しいリポート続きます。
お楽しみに♪



レシピブログに参加中♪
  1. 2013/02/27(水) 03:43:03|
  2. Culture & Trends
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4
<<【travel】Palermo 2, Sicily | HOME | ★recipe★ Kavaret(エビと野菜のゼリー寄せ)>>

Comments

お帰りなさ〜い。
シチリア島は私も行ってみたかったところ。うらやましーい!
当然お食事も美味しいでしょうし、続きが楽しみです!
  1. URL |
  2. 2013/02/27(水) 06:37:39 |
  3. Manju #qOCpoLbw
  4. [ Edit ]

お帰りなさ~い♪
そして、シリチア旅行記も楽しみに舞って……いや、待っておりましたよ~。

リコッタチーズに、アイシングシュガーという組み合わせにびっくり。
日本人的感覚ではなかなか思い付かないけれど、
本場ではこういう楽しみかたもなさっているのですね。
美味しそうです☆

パレルモの街並みも独特で趣がありますね~。
まさにskandimatさんの仰る「中世の街並の中に人々の生活」。表現お見事です♪

その時代のそのままの形で大切に保存するも良いし、
こうして時代と共に変わっていきつつも大切にされている姿もまた良いものですね。

続きも楽しみです♪
  1. URL |
  2. 2013/02/27(水) 19:38:22 |
  3. 葉っぱ #GO9jRiUw
  4. [ Edit ]

Re: No title

Manjuさん、
ただいま〜!
食事は本当に美味しかったです。ノルウェーではなかなかいただけないタコ・イカをたくさん食べてきました。
体の方が今大変なことになっていますが〜。(笑)
写真満載でアップしたいと思っています。我が家の珍道中、楽しみにしていてくださいね〜!
  1. URL |
  2. 2013/02/28(木) 03:24:36 |
  3. skandimat #-
  4. [ Edit ]

Re: No title

葉っぱさん、
コメントをありがとうございます!
どうぞ舞って下さい〜!(笑)

このリコッタチーズを使ったお菓子はチーズが新鮮なもののせいかとっても美味しかったです。
田舎町でいただいたものは格別でした!
味は生クリームとカスタードクリームを混ぜ合わせた感じで、シュークリームの生地に挟み込んだら日本でもヒットするのでは、とちょっとビジネスを考えてしまいました。

文章には自信がないのですがお誉めいただいて光栄です。
歴史が重過ぎて私の軽〜い表現がミスマッチにならないように気をつけようと思います。

いつも温かい応援、ありがとうございます♪

  1. URL |
  2. 2013/02/28(木) 03:32:06 |
  3. skandimat #-
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://skandimat.blog.fc2.com/tb.php/281-ecbc85ea
Use trackback on this entry.

Profile

skandimat

Author:skandimat
ロンドンを経て、2008年よりノルウェー、オスロ在住。語学力を活かし、大好きな食に関する最新情報を現地からダイレクトにお届けするのが目標。ノルウェー人の主人との間に一男。

INSTAGRAM @ skandimat

Instagram

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Latest journals

Link to Amazon

Monthly archive

Category

Category: None (20)
Restaurants (60)
Cafés (22)
Shops (6)
Materials & Products (10)
Recipes (186)
Culture & Trends (120)
Books (11)
Design (17)
Events (62)
Weekend Inspiration (54)

Latest comments

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

Counter