SKANDI FOOD & DESIGN

ここ数年のグルメブームは私の住むスカンジナヴィアでも盛り上がっています。スカンジナヴィアの食文化を北欧デザインと伴に紹介します。

★recipe★ Fastelavnsboller(クリーム入りボッレ)

皆さん楽しい週末を過ごされましたか?

ノルウェーでは2月10日の日曜日が「母の日」と「懺悔説の日(fastelavn dag)」でした。
「母の日」はわかりやすですが、「懺悔節」?
キリスト教の暦で四旬節前にあたるそうです。
断食の前にご馳走をいただきましょうということで
こんなボッレ(おやつパン)がベーカリーでも出回ります。
我が家は息子が大好きなのでうちで焼きました♪

fastelavnsboller
Fastelavnsboller クリーム入りボッレ。
ファストラーヴァンスボッレ!
なんとも舌を噛んでしまいそうな名前!(笑)
デンマークとノルウェーではこう呼ぶのですが、
スウェーデンでは「セムラ(semla)」だそうです。

そして、違うのは名前だけでなく中身も。
スウェーデンではマジパン(アーモンドペースト)と生クリーム、
ノルウェーではラズベリージャムと生クリームでいただきます。
ベーキングパウダーを少し加え、通常のボーレよりも柔らかく仕上げます♪

■材料(8個分)■
バター(無塩) 50g
牛乳 175cc
イースト(生) 25g
◎強力粉 250g
◎砂糖 50g
◎カルデモン(粉) ティースプーン1/4
◎塩 ティースプーン1/4
◎ベーキングパウダー ティースプーン1/4
溶き卵 1個
■ フィリング
生クリーム 150cc
バニラシュガー ティースプーン1
ラズベリージャム 適量
粉砂糖(飾り) 適量

1 バターをお鍋に入れ溶かし、牛乳を加える。
人肌程度(37℃)に冷めたらイーストを入れ溶かす。
2 ボールに移し、◎の材料を入れ良く混ぜ、少しこねる。
まとめてラップをし、約2倍の大きさになるまで発酵させる。(30分)
3 空気を抜き、8等分にしたら、丸く成型し、ベーキングペーパーの上におく。
ラップをし約30分発酵させる。
4 溶き卵を表面に塗り、220〜230℃のオーブンで8〜10分焼く。
クリームを挟むので、冷ます。
5 生クリームを角が立つくらいまで泡立てる。途中でバニラシュガーを加える。
6 バンが完全に冷めたら、上3分の1を切り取る(フタになる部分)。
フタ部分はそのままでも、お好きな形に切っても(写真では正方形)。
7 バンの下の部分にジャムを塗り、泡立てたクリームをのせる。
フタの部分をそっとクリームの上にのせる。
8 上から粉砂糖をかけて出来上がり♪

美味しいです〜♡
でもカロリーの計算は止めましょうね!(笑)


 イースト(Gjær)のお話

gjær
ノルウェーではお家でパンを焼く方が多いので、スーパーの
ベーキングセクションが充実しています。
中でも「便利だな〜」と思うのがイースト。
写真の真ん中あたりのキューブのものは生のイーストで、
昔この作り方をパン教室でわざわざ習ったような。。。
箱のものは小分けになった紛状のイースト。
そしてそれぞれ赤いパックと青いパックがあるのは、
青いのは普通のお食事パン用、赤いのはお砂糖の入る、ふんわり仕上がる
おやつパン用と使い分けするからです。
最近はブームなのか、ピザ生地用イースト、サワードー用イーストも
見かけるようになりました。

最近、パン焼きが楽しくなてきました。
もっと北欧パンのレパートリーが増えればな〜。
今後もお楽しみに♪

レシピはこちらからもご覧になれます♫
Cpicon ノルウェー☆クリーム入りボッレ by skandimat



レシピブログに参加中♪

Topic:Easy-to-make recipe - Genre:Gourmet

  1. 2013/02/11(月) 03:39:50|
  2. Recipes
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2
<<★recipe★ Sjokoladeterte(チョコレートタルト) | HOME | Summerbird, Chocolatier, Denmark>>

Comments

生イーストだったんですね。これは!
しかもドライしか使ったことがないので使うのが楽しみです。
毎日勉強になります。
本にして出版して欲しいのは私だけではないはず、、、( ´ ▽ ` )ノ
  1. URL |
  2. 2013/02/13(水) 11:14:23 |
  3. マイナナママ #IzG.3pF6
  4. [ Edit ]

Re: No title

マイナナママさん、
私もパン焼きはまだまだ勉強中で「生イースト」と書いてしまいました。
あってますか?(苦笑)
バターやマーガリンのセクションで見つかります。
それではマイナナママさんには私の料理本が出版された時はサイン本を差し上げます。
気長に待っていて下さい!(笑)
いつも応援、ありがとうございます!
  1. URL |
  2. 2013/02/13(水) 15:22:57 |
  3. skandimat #-
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://skandimat.blog.fc2.com/tb.php/274-50110f98
Use trackback on this entry.

Profile

skandimat

Author:skandimat
ロンドンを経て、2008年よりノルウェー、オスロ在住。語学力を活かし、大好きな食に関する最新情報を現地からダイレクトにお届けするのが目標。ノルウェー人の主人との間に一男。

INSTAGRAM @ skandimat

Instagram

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Latest journals

Link to Amazon

Monthly archive

Category

Category: None (20)
Restaurants (60)
Cafés (22)
Shops (6)
Materials & Products (10)
Recipes (186)
Culture & Trends (120)
Books (11)
Design (17)
Events (62)
Weekend Inspiration (54)

Latest comments

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

Counter