SKANDI FOOD & DESIGN

ここ数年のグルメブームは私の住むスカンジナヴィアでも盛り上がっています。スカンジナヴィアの食文化を北欧デザインと伴に紹介します。

★recipe★リメイク★ Salmon coulibiac(サーモンマリネのペーストリー包み)

ご訪問ありがとうございます♪

今朝は車のフロントグラスに霜がおりているのを発見!
秋晴れの清々しい、でも冬の気配を感じる朝でした。
寒い!

今日はリメイク料理をご紹介します。
先日お料理教室で作ったサーモンマリネ、ケーキに使ったギリシャ風ヨーグルトの残りを
使いました♪
Salmon coulibiac
Salmon coulibiac サーモンマリネのペーストリー包み
以前ご紹介した時は、余ったサーモンマリネ、ゆで卵、冷やご飯を使いました。
今回は野菜摂取と彩りを考えてほうれん草をプラス。
体重の気になる私はご飯をカットしました!

■材料(2〜3人分)■
無塩バター(室温)125g
ギリシャ風ヨーグルト gresk yoghurt125g
強力粉 hvetemek125g
ベーキングパウダー bakepulver ティースプーン1/2
塩 ひとつまみ
■ フィリング
サーモンマリネ 150g(余ったもの)
卵(2つ固ゆで、1つはつや出し)3個
茹でたほうれん草 適量

1 室温に戻ったバターとヨーグルトをボールで良く混ぜ合わせる。
強力粉、ベーキングパウダー、塩も別のボールで混ぜる。
2 サーモンマリネは切れていない場合、2cm幅で皮から切り離しておく。
固ゆでにした卵2つはスライスしておく。
3 1を混ぜ合わせ、二等分にしてサランラップに包む。
冷蔵庫で30分以上休ませる。
4 生地の1つをめん棒で15×25cmの長方形に伸ばす。
その上に2cm周りを残してほうれん草、ゆで卵、サーモンをのせていく。
5 周りの空いているところに卵液を塗る。
もう1つの生地を伸ばし、4の上にのせる。
周りを指で押さえ、引っ付ける。
6 5に溶き卵をまんべんなく塗り、フォークで上から数カ所穴を開けておく。
7 220℃に設定しておいたオーブンで約20分、こんがり焼けたら出来上がり♪

生地はかなり柔らかいのでサランラップに挟むと扱いやすいです♪
ボナペティ♪

lyng
ヘザー(lyng)が綺麗な季節になりました
我が家は秋休みを利用しロンドンへ出かけます
お料理教室にも出席する予定です。
リポートができるように頑張ります!お楽しみに♪


レシピはこちらでもご覧になれます♫
Cpicon サーモンマリネペイストリー包み by skandimat



レシピブログに参加中♪

Topic:Easy-to-make recipe - Genre:Gourmet

  1. 2013/09/27(金) 01:32:13|
  2. Recipes
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
Next page

Profile

skandimat

Author:skandimat
ロンドンを経て、2008年よりノルウェー、オスロ在住。語学力を活かし、大好きな食に関する最新情報を現地からダイレクトにお届けするのが目標。ノルウェー人の主人との間に一男。

INSTAGRAM @ skandimat

Instagram

Calendar

08 | 2013/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Latest journals

Link to Amazon

Monthly archive

Category

Category: None (20)
Restaurants (60)
Cafés (22)
Shops (6)
Materials & Products (10)
Recipes (186)
Culture & Trends (120)
Books (11)
Design (17)
Events (62)
Weekend Inspiration (54)

Latest comments

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

Counter