SKANDI FOOD & DESIGN

ここ数年のグルメブームは私の住むスカンジナヴィアでも盛り上がっています。スカンジナヴィアの食文化を北欧デザインと伴に紹介します。

Pinnekjøtt(羊のリブ) ノルウェー☆クリスマス

おせちやお雑煮が地方によって違うように、
ここノルウェーでもクリスマスの料理は地方により
また家庭により、大きく異なります。
例えば主人の実家では豚肉料理ですし、我が家では主人の
mormor(母方のおばあさん)に倣ってトナカイがメインです。
最近ではアメリカのように七面鳥なんていう家庭もあるそうです。

今日は有志を募り、ノルウェーのクリスマス料理を一緒に作って
食べましょう!という会をしました♪ 
そして今日作ったのはPinnekjøtt。ノルウェー、西の地方のクリスマス料理。

pinnekjøtt 4
皆さん、名前からは想像もつかないと思いますので
まず出来上がりの写真から。
塩漬けにした羊のリブ(今日の使ったのはラムのリブ)を干すこと
2〜4ケ月。これが今の時期一斉に売り出されます。

pinnekjøtt 1pinnekjøtt 2pinnekjøtt 3
Pinne=棒、Kjøtt=肉。名前の由来は、水に一晩つけた羊のリブを、
白樺で作った棒(Pinne、写真上左)を鍋の底に敷き、蒸すことから
きています。
そしてこの料理にかかせないのがKålrabistappe(黄色いカブのマッシュ)。
写真上右端がそれで、英語でSwede。
とても甘くて美味しい根菜です。
(ちなみにGoogle translateで日本語訳を試したところ、
「スウェーデン人」とでてきました、爆笑。
Kålrabi→Swede→スウェーデン人、ですね、きっと、苦笑)

pinnekjøtt 5
召し上がれ〜
3時間蒸し煮にし、少しグリルしたリブ、上記のマッシュ、
おなじみ茹でたジャガイモ♪
お鍋の底にたまったリブからでた脂をソースにして
いただきます。
お酒はもちろんAquavitとビール。
これがとっても合います
みんなでワイワイ作るお料理は楽しく、
今日は一段と美味しく感じます。
Skål! 乾杯!


        


一昔前、塩漬け・乾燥した肉やソーセージの準備を
始めるのは動物が太り、気候が寒くなる10〜11月だったそうです。
(今もそうかもしれません)
農家では、家畜を処理する前に、納屋や
道具をすべてjuniper-water(ノル語einer)で清めたそう。
処理するのは専門家、その場には子供や病人は
いてはいけないと、随分神聖なことだったようです。

ともあれクリスマスまで残り9日。
北欧クリスマスのテーマ、楽しんでいただいていたら幸いです。
  1. 2011/12/15(木) 05:14:10|
  2. Culture & Trends
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Profile

skandimat

Author:skandimat
ロンドンを経て、2008年よりノルウェー、オスロ在住。語学力を活かし、大好きな食に関する最新情報を現地からダイレクトにお届けするのが目標。ノルウェー人の主人との間に一男。

INSTAGRAM @ skandimat

Instagram

Calendar

11 | 2011/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Latest journals

Link to Amazon

Monthly archive

Category

Category: None (20)
Restaurants (60)
Cafés (22)
Shops (6)
Materials & Products (10)
Recipes (186)
Culture & Trends (120)
Books (11)
Design (17)
Events (62)
Weekend Inspiration (54)

Latest comments

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

Counter